別荘

別荘の貸切風呂・家族風呂は、日帰りの部屋付きのお風呂です。すべて源泉かけ流しの天然温泉となっております。部屋によってお風呂のつくりなど趣が異なっておりますので、お好みでご利用ください。
 貸切風呂は、戸別の玄関を入ると四畳半の和室とお風呂がございます。
部屋毎に間取りも異なっておりますので、お好みのお部屋をご利用下さいませ。
 家族風呂と貸切風呂の違いは、部屋の広さと料金の違いです。貸切風呂は和室が4.5帖ですが、家族風呂は和室が8帖、玄関や脱衣室も広めにつくられておりそれぞれに完全に一棟ずつの戸建てになっております。
ご家族や人数の多い方、ゆったりとくつろぎたい方向きのお風呂です。
 別荘は、本館とは別棟になっております。第一駐車場をはさんで本館の向かい側に平屋の建物がございます。貸切風呂・家族風呂の受付は、別荘へ直接お越しくださいませ。

ご利用手順

1.ご予約

お電話にて家族風呂・貸切風呂のご利用時間、ご希望のお部屋を選んでいただきます。(予約状況でご希望に添えない場合もございます)
ご予約の入館予定から30分を過ぎてもご連絡がない場合には自動的にキャンセルとなりますのでご了承ください。
電話番号:0297-27-9388(直通)

2.受付手続き

別荘ご来店の際に受付帳の記帳をさせていただきます。
会員カードをお持ちの方は、受付時にご提示いただければ受付帳への記入の必要はありません。
ご利用代金は前金制となっていますので、受付時に現金・クレジットカードにてお支払いとなります。
追加でのご注文が発生した場合はお帰りの際にご精算となります。

3.ご案内

当店、係員がお部屋までご案内させていただきます。
その際にご利用の注意事項などをご説明させていただきます。

4.ご注文

お食事・ドリンク・マッサージなどご希望の際はお部屋から内線にて受け承らせていただきます。

5.お時間のご案内

退室時間10分前になりましたら内線にてご連絡いたします。その際に、お時間の延長をご希望する場合は、可能な範囲でお受けいたします。

6.退室・ご精算

お帰りの際は鍵をお持ちいただきフロントにご返却ください。
追加注文がある場合はフロントにてご精算となります。

百人一首の成立と由来

百人一首は、藤原定家(1162-1241)という、新古今集・新勅撰集の撰者で、日本中世では神の如く尊敬されている大歌人が撰んだ歌集です。
定家は、京都嵯峨の小倉山の麓に別荘を持っていましたが、定家の親族で宇都宮地方の大名をしていた頼網入道という者が同じく小倉山山麓に別荘を建て、その襖の障子に和歌の色紙を貼ろうとして、その揮毫を定家に頼んできたので、撰んで書いたというのがこの百人一首となったのです。
歌は天智天皇を始めとして順徳院まで、すべて有名な歌人の歌を一人一首ずつとったもので、百人一首と呼んでいます。
また、後世になり、この百人一首に規範を求めたり、戯作化したりして作られたいわゆる異種百人一首があらわれてきたため、これと区別し、小倉山で作られたことから「小倉百人一首」と呼ぶようになりました。
選定された和歌は、定家好みの華やかなものが多く、百首中四十三首までが恋の歌であるのもその特徴といえます。

このページのトップへ戻る