よくある質問

「きぬの湯」は、何時頃オープンしたのか?
2004年(平成16年)6月4日に本館がオープンし、その後、2006年3月に別荘、同年7月に物産館がそれぞれオープンし現在に至っております。
天然温泉ということですが、その効能は?
泉質は、ナトリウムー塩化物温泉(弱アルカリ性低張性温泉)で神経痛、筋肉・関節痛、五十肩等の他、切り傷、火傷、慢性婦人病、痔等に効き目があります。
温泉はどこから引いてくるのか?
当館敷地内、981メートルの地下から36.6℃の源泉を229リットル/分、揚湯しております。
温泉の浴槽が汚れていると感じることがあるが?
浴槽の清掃は、毎朝、専門の業者が入念に行っております。また、天然温泉の場合、地震等の自然現象により湯質に若干の変化が見られたり、浴槽に温泉の成分が浮遊したり、ヌルヌル感を覚えることがあります。
掛け流しとは?(スーパー銭湯との違い)
源泉を一度しか使用せず、しかも、浴槽から溢れ出た分の源泉は常に新しく補給していくという事です。多くの温浴施設は勿論、今や有名温泉地でも浴槽のお湯を数回使用する、いわゆる循環式が主流となっております。
近く、法律が改正され排水基準が示されますと「掛け流し」は激減するといわれています。
当館では、「源泉掛け流し」にこだわり、お客様に本物の温泉を堪能していただこうと努めております。
送迎のサービスがあると聞いたが?
9:55~20:35の間、「きぬの湯」とつくばエクスプレス「守谷駅」、常総線「新守谷駅」間の無料送迎バスの運行を行っております。
また、酒席を伴う個人・グループ・団体様の個別送迎も承ります。(きぬの湯近隣・要予約)
運行時間については無料送迎バスのご案内をご覧下さい。
温泉の浴槽温度が若干低いのではないか?
なるべく源泉に近い温度で、しかも心臓に負担をかけずにゆっくり温泉を楽しんでいただくという趣旨で、若干湯温が低目になっております。
スタッフも定期的に検温に回っておりますが、天候の関係等で著しく湯温が低かった場合は、スタッフにお申し付け下さい。
営業時間は、また休館日はあるのか?
営業時間は10:00~24:00、となっております。また休館日はゴールデンウィーク・お盆・年末年始などの祭日と重なるなど、特別の事情が無い限り「毎週水曜日」となっております。

このページのトップへ戻る